サッカーが上手くなりたい~アラフォーの挑戦~

カッコいい服、お洒落な住まい、充実した家族生活、それらよりもサッカーがただただ上手になりたい
そんな36歳(2017年時点)、サッカー部活動未経験、むしろ部活所属経験なしの男、いや漢がいる。

その名も「OGT」。

彼はこれまでサッカーを観るのが好きだった。大好きだった。

34歳になってフットサルを月に1回するようになってからプレイする方にのめり込んでいき、35歳になってからはほぼ週に1回はボールを蹴るようになった。

このブログは日本スポーツ協会がOGT(サッカーが上手くなりという意志のあるアラフォー素人)のサッカー成長の記録である。
(30代半ばからサッカーが上手くなりたいと思った人に向けたブログでもある)

第一回の今回はOGTの2016年の段階でのサッカースキル、そして彼を取り巻く環境を紹介してみる。

まずサッカー技術についてはこんな感じ。

うん、その辺の小学生よりセンスがないすさまじい技術の伸びしろを感じる。

そして日本スポーツ協会のインタビュアーが、OGTはどんな生活をしているのかを尋ねるべく彼の勤め先に突撃してみたところ、

衝撃を受けた・・・。

パッと見たところ、普通(?)のデスクだが、よく見てほしい。

いたるところにOGTのサッカー愛が見て取れる。
※ジーコの像に蜘蛛の巣が張っていたことは内緒だ。

さらに驚愕の事実が足元にあった。

なんとボールが転がっている。

「日頃から素足にボールの感覚を叩き込んでいる」というのは本人談。

それであのリフティングかよつーか仕事する気あるの?
ますます伸びしろを感じる。オフィスへ取材しに来ただけでこんなにもワクワクするなんて久々だ。

ご紹介した通り恐ろしいほどのサッカー熱を抱えるOGTが2017年中に達成すべき目標が3つ。

まずはリフティング目標のクリアを目指して、日本スポーツ協会(75A)のブログで彼のサッカースキル向上を追いかけていく。